雑記

作品を展示してみよう!<額装編2>

2016年9月26日

 『まんが・イラスト展』担当のアスカです。
 今回は、前回の記事の続きをお話します。
 

 前回の<額装編>では、額に作品を入れたらどうなるかな?という感じで書いたのですが、今回<額装編2>では展示視点で書いています。額を裏を見てみましょう。!

 額の裏.jpg
左:カメラ店で購入した写真額  右:100円ショップの額

 ヒモや金具が違いますね。このヒモや金具が展示する上で重要になってきます。

 ワークショップでは不器用な私に変わって、「まんがQ交流会」参加者の方がヒモの結び方を実践して頂きました!(ありがとうございます!) 結び方は何通りかあるようです。
 ひもの結び方.jpg

 ご参考にどうぞ!(他の方のウェブサイトになります) 1.http://www.gakubuchihanbai.jp/user_data/tokushu/gakuhimo.html 2.http://ameblo.jp/artco/entry-10786608288.html

 

 なぜヒモの話をするのかというと、作品展示するギャラリーは、このような作りになっていることが多いからです。

 ギャラリーについて.png

 額の裏にあるヒモ・金具にひっかけて、作品を展示します。

 額のなかには、スタンド型があり、展示用のヒモ・金具部分がないタイプもあるので、購入の際にお気をつけください。(特に小さいサイズになればなるほど、スタンド型が多い傾向にあります)


 今回使用した額は木製ですが、他にもアルミ製・アクリル製などがありますよ!

 アクリル額.png
 これが、アクリル製の額です。透明です!
 これは吊るしても使えますし、スタンド型として使える部品もついているタイプです。便利です。

  2016年9月26日 00:00:00  [アスカ]