雑記

作品を展示してみよう!<額装編>

2016年9月22日

 こんにちは、『まんが・イラスト展』担当のアスカです。
 そういえば、同人誌即売会などに参加したことはあっても、ギャラリーなどで作品展示ってやったことがある方、どれくらいいらっしゃるんでしょうか?

 今回、「東方久遠境」様の読書会の会場の一部をお借りしまして(スペースありがとうございます!)、突発的に「まんがQ交流会」開催しました!
 まんがQの交流会へもご参加頂き、ありがとうございます。
 「作品を展示してみよう」ということで、イラスト作品の額装のワークショップを行いました。

 

 作品展示初めてという方にオススメしたいのが、写真額です!
 チェーンのカメラ屋さんに行けば、A4サイズの写真額が1000円切って入手できます。便利です。

額そのまま.jpg

 左はカメラ屋さんで購入したもの。右は100円ショップで購入したもの。
 大きな違いは、作品を囲むフチ(マットと言います)があるかないかです。

 このマットのある・なしで、作品の見え方が結構変わってきます。
 実際に作品を入れてみました。

 

1.こちらが今回使用したイラストです。フチなしで印刷した同じイラストです。

額用 素材イラスト.jpg

2.額へ入れてみました。並べてみました!

額装してみた.jpg

 

 左が右より大きく見えますね。
 大きく見せることで、作品を見る人の目にとまりやすくなります。

 マットのありなし、作品が小さいのがいけないというわけではありません。

 私の経験談ですが、作品がいくつも並んでいると、小さいと埋もれてしまうことがあります。
 「これ、いい絵なのに」と思っても、なかなか見てもらえないこともあります。
 

 「額は、より絵を引き立たせてくれる」
 逆もしかりで、作品に合わない額を選んでしまって、作品がもったいなく見えることもあります。

 「作品に合う額が分からない」
 そんなときは、ぜひお近くの文具店や額屋さん、美術堂へ行ってみてください!

  2016年9月22日 21:15:00  [アスカ]